ありのままの自分と何かになろうとする自分

もし私たちに信念というものがあるのならば、迷わずそれと共にいる必要があると私は思います。しかし、私たちは道の途・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ